ソニー銀行ってどんな銀行だろう?

ソニー銀行のセキュリティ対策

ネットバンキングに対する不正送金の被害は、2013年には約14億円で過去最高だったようですが、2014年には史上最悪の事態になると予想されているようです。新手のサイバー犯罪やウイルスが次々と出現しているのです。各ネット銀行もセキュリティには各社とも独自の対策をたてて気を配ってはいますが、まずは自分が使用するパソコンに最新のウィルス対策ソフトをインストールして、常に最新の状態に更新しておく、ということはネットバンキングを始める際の第1歩であり、すでに当然の常識です。


ソニー銀行でも、ホームページにかなりのページ数を費やして、サイバー犯罪の傾向や対策、万が一被害にあった場合の補償まで、丁寧に「セキュリティ講座」を載せています。偽のサイトを表示されてパスワードや暗証番号等を書き込んでしまい、自分の口座にログインされてしまって不正送金されたり、キャッシュカードから情報を盗んで偽造して現金引き出してしまうなど、次から次へとさらに巧妙な手口で狙ってきます。ソニー銀行の「セキュリティ講座」ではそのひとつひとつに対してソニー銀行の対応策を載せています。


認証番号方式として1回ごとに新しい暗証番号を設定する「ワンタイムパスワード」、使用するパソコン等を事前に登録することで他人からのアクセスを防ぐ、画面上のキーボードを操作するソフトウェアキーボード(キーボードからの入力を盗まれない)。ログインしたまま一定時間操作がない場合は、自動的にログアウトされる(他人に操作されない)。ソニー銀行からのメールなどには通信の暗号化に128bit SSLを採用。にせサイトを使ってのフィッシング詐欺の対策としてアドレスバーに正規のサイトかどうかが分かるデジタル証明書を表示する。など様々な対応策を取っています。


ホームページには被害にあった場合の補償についても書かれています。不正アクセスで預金が引き出されてしまった場合、キャッシュカードが偽造されてしまった場合、また預金者の過失について等々、細かく明記されています。そしてまた、昨今の「振り込め詐欺」に対応して、ソニー銀行でも「振り込め詐欺救済法」に準じて対応策をとると述べていますよ。「犯罪で利用された口座のうち、口座凍結などで資金が残っている口座について、資金返却手続きを行う方針」だそうです。これはソニー銀行だけでなく、各金融機関が対応することになっている、新しい法律です。振込んでしまってからおかしいな、と感じたら、すぐに金融機関に連絡することが大事です。