ソニー銀行ってどんな銀行だろう?

ソニー銀行の住宅ローンの相談窓口

ソニー銀行の住宅ローンには、他にはない特徴がいろいろとあるようです。その中でも一番の特徴といったら、申し込みから契約まですべてインターネットで済ますことができる、という点でしょう。通常の住宅ローンの契約は、申し込み時には「支店」や「ローンセンター」に直接出向いて手続きをするスタイルがほとんどでしょう。住宅を買うためにローンを組む、ということは、人生のうちでも最も大きな買い物になるでしょうし、大事だからパソコンですべて済ませてしまうということには不安を感じる人も多いでしょう。ところがソニー銀行の住宅ローンは、仮審査の申し込みはインターネットで、正式な申し込みは郵送で済ますことができます。また契約までのさまざまな疑問に対しては電話や電子メール、またはインターネットのサービスサイトを通じて、ローンアドバイザーが、最後までサポートしてくれます。


そのほか様々な場面で手数料が無料という事が多いというのは、長いローンを抱える中ではとても助かります。例えば繰り上げ返済の手数料はナシです!。そして特筆すべきなのが、保証料・団体信用生命保険料がかからないということ。通常は銀行から借り入れる場合には、保証会社が保証する場合には、保証料や保証取り扱い手数料などが必要とされていました。ソニー銀行では「シンプルな商品をご提供するために」、保証会社を使わないため保証料が無料となっているのです。


またローンを組むときに変動金利タイプと固定金利タイプを選択できますが、途中で金利タイプを変更することもできるというのがすごい!。もちろんインターネットで変更できます。書類の変更手続きなどはナシ。半月前に翌月の金利を発表するのでタイミングを合わせて変更することが可能です。住宅ローンのような長期のローンで変動金利を選ぶと、ローンスタート時点では低金利でも、経済情勢が変化して途中から高い金利になってしまう事もある得ることから、変動金利はリスクが大きいというのが定説でした。そこの部分が情勢を見ながら変更することができ、例えば変動金利のローンの残額を固定金利に変更することができたら、とても助かりますね。


ただ複数の金利タイプを混合してしまうと、自分で最終的なリスクを把握できなくなってしまう、という事もありますね。そんな時、インターネットでシュミレーションができるのもわかりやすいですが、ソニー銀行には店舗型の住宅ローンプラザがあり、そこでローンアドバイザーと面と向かって直接話すことができるのです。話しながら確認できたら本当に安心ですね。ソニー銀行の住宅ローンは金利も低めですし、手数料が無いなど様々な使いやすい特典が多く、これなら住宅ローンに関する「オリコン顧客満足度ランキング連続3年NO1」、ということも納得ですね。