いちばんに相談したい銀行を目指す中京銀行

中京銀行のインターネット支店

中京銀行は名古屋市に本店のある第二地方銀行ですが、「なごやめし支店」という面白い名前の支店があります。なごやめし支店はインターネット上のバーチャルな支店で、店舗も通帳もありませんが、窓口まで行かなくてもパソコンやスマホで日本全国どこからでも利用できます。また、なごやめし支店ならではの高金利商品も魅力です。


中京銀行のインターネットバンキング「中京ダイレクトネット版」を利用して、残高や入出金の照会、振込み、定期預金の預入、税金や各種料金の払込みなどが、時間を気にしないでいつでもできます。また、日本在住の18歳以上の方なら誰でも口座開設ができますが、申込みはインターネットを利用するか電話で申込みます。インターネット利用の場合は、なごやめし支店のホームページから申込入力フォームに入力してプリントアウトし、本人確認書類などと一緒に郵送すればOKです。電話の場合も口座開設を申し込むと伝えて必要書類を送ってもらい、記入して郵送します。


なごやめし支店を利用するには、普通預金と定期預金がひとつになったなごやめし支店専用の総合口座を作る必要があります。なごやめし支店の定期預金は2種類あり、本店の商品よりも金利が高いのが特徴です。預入期間が6種類から選べる「なごやめし定期」と1年ものだけの「大盛なごやめし定期」がありますが、「大盛なごやめし定期」の金利は、預金金利の高さが売りのインターネット専用銀行に匹敵する高金利定期預金です。1年ものの短期定期預金ですが、満期後はそれでも金利の高い「なごやめし定期」に自動継続されますので、大変お得です。


なごやめし支店でのお金の出し入れにはATMが便利です。中京銀行では、三菱東京UFJ銀行、十六銀行、愛知銀行、名古屋銀行、百五銀行、第三銀行、イオン銀行とATM相互開放を実施しています。お互いに平日の時間内だったら無料で入出金の利用ができますし、時間外でも手数料は他の金融機関を利用した場合の半額とお得です。