選ばれ信頼される銀行を目指す中国銀行

中国銀行の資産を運用する商品

中国銀行の預金商品としては、普通預金、各種の定期預金や積立定期預金、貯蓄預金などがありますが、現在の日本の預金金利は大変低く、資金を「増やす」ための商品としては、あまり魅力的ではありません。中国銀行では多少のリスクがあっても積極的に資産を運用し、その成果が期待できる商品を揃えています。


中国銀行では資産を運用するのに適した商品として、外貨預金や投資信託などを紹介しています。外貨預金は世界各国の高金利の通貨で運用できるので、為替差益での利益が期待できるのが魅力です。中国銀行では米ドルなら1セントから始められる外貨普通預金と外貨定期預金、外貨積立預金を提供しています。中でも外貨積立預金は、円預金口座から自動引落により毎月一定額の外貨を購入して外貨預金口座に預入れる商品です。為替相場の変動による買い過ぎを防ぐことにもなり、リスクを減らすことができます。ただし外貨預金は為替レートの変動によっては元本割れになることもあるので、世界の経済状況を見極めることが大切です。


資産運用商品としては代表的と言われる投資信託にも、景気変動による株価下落などのリスクがあります。しかし、多くのお客さまから集めた資金を証券会社などの運用のプロが分散投資で運用するので、投資の初心者でも安心して資産運用ができる商品と言えます。中国銀行では目的に合わせて様々なファンドを取りそろえています。また、「投資信託定期・定額購入サービス」を利用すれば、毎月普通預金などから自動引落しで指定のファンドを一定額購入できるので、基準価額の上下に左右されずに自動買付することになり、タイミングを外さないで購入することができます。さらに平均購入単価を安定させることができ、一度に多額の投資をするには不安がある方も少額からスタートできます。


その他、中国銀行では個人向け国債や利付国債・地方債などの公共債を紹介しています。株式や投資信託などに比べると、国や地方公共団体が発行する債券なので、安全性の高い資産運用商品です。また、外国債券や株式など金融商品の仲介も行っています。